So-net無料ブログ作成
検索選択

誉田哲也著 「ストロベリーナイト」

 TVドラマの原作であったり、書店でよく見かけていた「誉田哲也」の作品を初めて読んでみた。まあ、人気になるだけのことはあり面白く読ませる。だが、どうも、劇画チックなシーンや二時間ドラマ的で急転直下に事件が解決に向かう流れとかが、どうも安易に流れている気がして、気に入らない。初めからTVを意識して書いているようで、TVの脚本っぽいせりふもチラホラ出てくる。どうも、本好きにはなんか、しっくりこない。もう少しこの作家に付き合ってみましょう。60点。

司馬遼太郎著 「新史 太閤記」

 多くの、小説ドラマで伝えられてきた「太閤秀吉」の全国統一にいたるサクセスストーリー。確かに数多くの逸話などから「秀吉」偉大さは、当然であるし、類まれな人物であることは疑いない。もちろんそこに、司馬遼太郎らしい、視点、人物描写も加わり大変面白い読み物になっている。特にどこが、今までの武将と違い、どのような思考回路で、物事をとらえてきたかが面白い。著者が言うには、「秀吉」が初めて「商人的」な思考で領土の拡大を行い、決して力で征服しようとはせず、「利」をといて人を味方につけてきた初めての武将だという。そうなると、「信長」は「秀吉」の上司である世襲の会社の社長ということになる。やり手だが、短気でわがままで、しかも冷酷な。
 こう考えていくと、信長も秀吉あっての信長であり、家康も、秀吉がいたからこそ、その後の天下泰平の徳川300年の代を築きあげることが出来たといえるだろう。
 まあ、面白いことは面白いのだが、秀吉のような、上司「信長」のお気に入りになり、巧く世の中を渡り歩いてきた人間は、どうも好感が持てない。これは、不器用にしか生きられず自分の気持ちを貫くことしかできない私のたんなる、ひがみでもあるのだが… 70点。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。