So-net無料ブログ作成
検索選択

東野圭吾著 「さまよえる刃」

 何故か評価の善し悪しの分かれるようだが(アマゾンのレヴューによると)、私はかなり良い作品だと思う。
少年法の在り方を問う問題作で、安易に、「面白かった」などとは言えないが、流石に話の展開は大変巧い。
そして、読み手を主人公の「長峰」や、彼に同情し協力してしまう「和佳子」や、長峰を追う刑事たちの気持ちに見事になりきってしまう。確かに、いつ、「長峰」と同じ立場に立たないとも限らないので、気持ちが入りやすいというのもあるが…
 最後は、まああれくらいしか終り方はないだろうなあ、最後のサスペンスの盛り上げ方もうまい。80点
…少年法は被害者の為にあるわけでも、犯罪防止のためにあるわけでもない。少年は過ちを犯すという前提のもと、そんな彼らを救済するために存在するのだ。そこには被害者の悲しみや悔しさは反映されておらず、実情を無視した、絵空事の道徳観がある。…

重松清著 「舞姫通信」

 重松清の処女作ではないが、ごく初期の作品。難しいところだが、好き嫌いが分かれるだろうなあ。
 高校の新任教師「岸田」は、5年前、双子の兄が自殺する、という過去を持っている。武蔵が丘女子学院高校にも、10年前、校舎から飛び降り自殺をした女子生徒がいた。その後、「舞姫通信」なる自殺した「舞姫」を賛美するような一枚のメッセージが学内に配られている。一方、「岸田」の双子の兄の元恋人、佐智子の芸能プロに所属する、タレント「城真吾」が自殺未遂の経験者として世に出そうとしている。城真吾は、テレビ番組でこう発言する…「教えてほしいんです。僕たちは、生きてなくちゃいけないんですか?」…大人たちは困惑する。型どおりの答えか、妙に学識ぶったわけのわからない言葉しか出てこない。大人たちは、本当に納得できる分かりやすい言葉を探すことができない。やがて、佐智子は「岸田」の子供を妊娠し、生むことを決断する。そこに、岸田と佐智子は、なんとなく命の大事さを感じ始める。岸田は、舞姫通信にこう綴る。…長生きすることが幸せだなんて、口が裂けても言いたくない。いつラストシーンが始まってもいい。長生きしたければ、その終わりを遅らせればいい。君のラストシーンは、生きている限り終わらない。人は死ねる。いつ。いつか。いつでも。人はいつか死んでしまうし、いつでも死ねる。すれ違うだけの短い「いま」を君と一緒に過ごした僕は、君に祈るしかない。君の「いつか」が、ずっと、ずっと、遠い日でありますように。長い旅が短い旅より楽しいとは限らないし、ただのおせっかいかもしれないけれど。…
 佐智子は、あやうく流産しかけ、2000グラムの超未熟児を出産する。そして、岸田にこう告げる。…あたし、この子を、悲しい思いさせるために産んじゃったのかもしれない。悲しんで、起こって、あたしのこと恨むかもしれないね。でもいいよね、ひどい母親でも、生きてやるんだ、ずっと、ずーっと、生きてやるんだ、生きなきゃいけなくなっちゃたんだもん、この子のおかげで。… 自ら「死」を選ぶことの、悲しくもあるしできればそんなことはして欲しくはない。でも、その死に至る決断、思いは尊重してあげたいと思う。そう、人間はいつでも死ねる。だからこそ、出来ればその、決断は安易にして欲しくはない。その「いつか」の前に出来る限り、勇気を持って生きていきたい。75点

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。