So-net無料ブログ作成
検索選択

宮本輝著「月光の東」

 宮本輝氏の作品は、語りがけっこう好みなので、いくつか読んでいるが、この作品はいまひとつ。「ねえ、私を追いかけて。月光の東まで追いかけて」て、謎めいた。ワードを残していく、なんて、不自然でしょ。
 ひとりの不遇だが、美しい女性の人生と、その周辺の翻弄される男女の姿を描いているのだが、今回の作品はあまり共感できないんだよね。なんか、宮部みゆきの「火車」を思わせるプロットだけど、ストーリーに推進力が不足してるのか、あまり面白くない。65点。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。